【半日観光】レッドロックス野外劇場とクアーズ

tour3.jpg
tour3.jpg

【半日観光】レッドロックス野外劇場とクアーズ

from 85.00

ロッキーの麓に位置する巨大な赤い岩、その岩をそのまま利用して作られた野外劇場は見逃せないスポットです。 300フィートの高さの赤い砂岩二つに挟まれた空間では、完璧な音響効果が味わえます。 この一帯は、レッドロックスパークとして、デンバーの景観を見渡せます。
コロラドの雪解け水で醸造するクアーズビールは、さっぱりとした喉ごし感で工場の見学は、醸造工程のツアーと クアーズ社製品の限定量無料試飲です。
最後はダウンタウンの州会議事堂、16thモールにご案内します。

催行時間 4時間

ツアー名:
Quantity:
ツアーお申込み

デンバー市内から西へ12マイル、3億年前の褐色砂岩が地表に突出した場所に、9000席の劇場があります。
この円形の劇場は滑らかに広がった扇型をしており、見下ろすようにステージを臨むことができます。
両脇に聳える巨大な岩が音響効果を上げ、マイクなしでも十分声が響き渡るほどです。
コンサート時には、スピーカーを設置し、ステージ脇のフレームにスクリーンをつるして後部座席の観客にも 演奏者がよく見えるようになっています。
ビートルズから最高峰のシンフォニーオーケストラまであらゆる有名アーティストを迎えてきた このレッドロックス野外劇場は、デンバー近郊では見逃せないスポットです!

レッドロックスパークのあとは、下記二つのコースにてご案内いたします。

【日程①】

13:00     デンバーのホテル出発
13:20      レッドロックス野外劇場到着
14:00     クアーズ醸造工場に向けて出発
14:20     クアーズ醸造工場見学と試飲
16:00     ダウンタウンエリアへ移動
※帰路、州会議事堂、ユニオンステーション、クアーズ球場などのご案内
17:00     デンバーのホテル到着

※催行できない曜日もございます。

【日程②】

13:00      デンバーのホテル出発
12:50      レッドロックス野外劇場到着
13:20      クアーズ球場に向けて出発
14:00      クアーズ球場ツアー
15:30      球場ツアー終了後、ダウンタウンへご案内
                      帰路、州会議事堂、ユニオンステーション、16thモールなど
16:30      デンバーのホテル到着

※試合のある時は催行できません。

クアーズ醸造工場

ドイツ系移民のアドルフ・クアーズがビール醸造に適した水を探し求め、とうとう理想の湧水だと確信したのが コロラド州ゴールデンのクリアクリーク。
1873年に世界最大のビール工場を創立し、2005年にはモルソンと合併してモルソンクアーズとなり、 2008年にはミラーズと合併してミラークアーズとなりました。
醸造過程が見学でき、そしてツアーの最後にロッキーの雪解け水で醸造されたばかりのビールを3杯まで 試飲できる!!というお楽しみ付です
クアーズ球場

クアーズフィールドは、MLBコロラドロッキーズのホーム球場で、1995年に完成。
標高の高いここデンバーでは、ボールがよく飛び、曲がりにくいというピッチャー泣かせのホームラン天国とも 言われますが、野茂秀雄投手はここで初めてノーヒットノーランを達成するという偉業を成し遂げました!
観客席は緑色ですが、3階席20列目の座席だけはロッキーズのチームカラーの紫色になっています。そこが ちょうど正確な標高1マイルなのです。
州会議事堂

1890年に着工し1908年に完成した州会議事堂は、ワシントンDCにあるアメリカ合衆国キャピタルを模倣して 作られ、大きさとしては約3分の1と言われています。
1800年半ばからゴールドラッシュで栄えた州の象徴らしく、そのドームは純金の厚さが6ミリほどある 金片でカバーされています。
庁舎内には、地元コロラド産のコロラド・ローズ・オニックスと呼ばれる希少価値のあるバラ色の大理石が ふんだんに用いられれおり、窓はステンドガラスの凝ったデザインを用いています。
西側入り口の階段の13段目がちょうど海抜1マイルにあたるとして、その印が付けられています。
16thストリートモール

デンバーダウンタウンのほぼ中心にある16thストリートモールは、全長1マイルあり、そこを 無料のシャトルバスが行き来し、そのシャトルの通る道路の両側がショッピングモールになっています。
ダウンタウン内の主要ホテルからなら、レストラン・カフェ・パブなどへは気軽にこのシャトルにてご移動可能です。

二つのツアーをご提案しておりますが、弊社のガイドがお客様とお話しながら、ご興味のある場所に 臨機応変に対応してご案内をすることも多々ございます。まずは、お問い合わせください!